「特別警報」「暴風警報」「大雨警報」発表時の対応について

  
 午前7時現在、和歌山市に、「特別警報」、「暴風警報」または「大雨警報」の、いずれかが発表されている場合は、自宅待機とする。

 午前10時現在、解除された場合は、原則として午後1時までに登校し、5限より授業を行う。

 午前10時現在もなお継続中であれば、臨時休校とする。

 なお、居住地域または通学地域に、上記と同様の警報が発表されている場合、上記と同様とする。

 また、上記以外であっても、通学が非常に危険であると思われる場合は、学校に連絡を入れ、

 家庭待機とすることができる。


◆定期考査期間中

   午前7時現在、和歌山市に、「特別警報」、「暴風警報」または「大雨警報」のいずれかが発表されている場合は、臨時休校とする。

   中止となった考査は、考査最終日の翌日(土日祝を除く)に実施する。

   なお、居住地域または通学地域に、上記と同様の警報が発表されている場合、上記と同様とする。


 ※「特別警報」とは、大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪、大津波、火山噴火、地震等によりこれまでにない危機的な災害が

   予想される場合に発表される警報。

 ※テレビ・ラジオ等でたえず情報を得るように努めること。